フランチャイズの仕組みを理解して上手な活用しよう

フランチャイズは最短でノウハウが得られる

さて、新規ビジネスをはじめるときにネックになるのは何でしょうか。それは既存のビジネスと異なるノウハウをいかに蓄積するのかがポイントであります。自分で一から始めるとなると、ノウハウはなし、何を誰にいくらでどのように売る戦略を考えるのでかなりの労力を使います。信用を得るまでに時間がかかります。そこで飛びつきたくなるのがフランチャイズチェーンです。ロイヤルティー代をさえ支払えば、ノウハウはフランチャイズ本部のコンサルタントが懇切丁寧に教えてくれます。売り方、価格はすでに型が決まっていて、労務管理もしっかりアドバイスをします。さらに強みはあります。それは商品力とブランド力です。いいかえれば、信用は最初からありますので、商品開発に苦労することはありません。このように早期に新規ビジネスを軌道に乗せるツールがフランチャイズチェーンであります。

フランチャイズの本質を理解しよう

そもそもなぜ、フランチャイズチェーンのシステムを採用するのでしょうか。フランチャイズ本部は惜しみなくノウハウを提供してくれます。しかも熱心です。本筋に入る前に、オーナーがフランチャイズに加盟してオープンするまでのコストを考えて見ましょう。コンビニエンスストアを例にします。まず、店舗を構えるために改装費、敷金、礼金、在庫投資など初期投資の金額は決して安くありません。百万円単位の支出の覚悟が必要です。では、本筋に戻りましょう。少し視点を変えてみると、フランチャイズ本部は直営店にしないで、オーナーを募集するのでしょうか。本当に採算が得られる確証があれば、わざわざオーナーにノウハウを提供してロイヤルティーをもらう回りくどいシステムを採用するする必要がありません。つまり、フランチャイズチェーンの事業で失敗したときにオーナーに損失を負担させるためのフランチャイズ本部のリスクヘッジであります。

フランチャイズの出口戦略は?

いままで、フランチャイズシステムの長所と短所を見てきました。オーナーは長所と短所を踏まえたうえで、フランチャイズチェーンを活用する戦略を練る必要があります。まず、長所であるノウハウが早期に蓄積できるのは魅力的です。売り方、価格の設定、商慣習、資金の流れ、労務管理などいろいろなことが体得できます。それらは積極的に学ぶことをお勧めします。運送業の元フランチャイズのオーナーはこう言っていました。「いまの会社がうまくいっているのはフランチャイズで得たノウハウのおかげだよ」。その運送業は品質管理がしっかりしているために、ライバル社との競争で優位に立っています。会社は利益が出すぎて、法人税の節税対策に追われていました。オーナー自身も三階建ての住宅を購入しました。このようにフランチャイズチェーンの出口戦略は本部からの独立であります。

新幹線や飛行機に乗る際、駅や空港で乗車券を購入しなければならないのですが、そこに行かなくても、旅行会社である代理店でも、購入することができます。