倉庫の大きさは様々、倉庫の規模に合わせて在庫管理しよう

世間一般で言う倉庫イメージ

皆さんは倉庫についてどんな知識をお持ちでしょうか。一般的な物流倉庫をイメージしてみると電気製品、飲食料品、生活用品など私たちが常日頃から必要としている物の多くが倉庫で管理されているといっても良いでしょう。デパートやスーパーに出かければ必ずといってもいいほどお目当てのものを購入することが出来るのも商品や部品に在庫があるからだと言えるでしょう。倉庫があるからこそ多くの人々に商品を提供することが出来るのです。

倉庫で管理している部品

手作りで売っている物でも工場で大量生産している物でも在庫を多く持っていれば確実に商品を提供することが出来ます。食料品は賞味期限がありますから在庫を持ち過ぎると返って良くありませんが、製品や部品などの腐る心配がない商品は売れる見込みより少し多く在庫を持つ方が良いでしょう。何百、何千といったとてつもない数量になったときはパレット単位やロット数管理するのが一般的です。何千個という数では正梱箱の入り数で箱単位で数えるのが一般的です。

見えないくらい小さい部品もある

世界各国、日本全国には数え切れないほどの倉庫があります。各倉庫、管理している部品はそれぞれ違いますが、小さな倉庫でも小さな部品を管理すればスペースがなくたって何千、何万種のアイテムを管理することが可能です。在庫アイテム数が多ければ多いほど出荷件数も増す訳ですから、どんな倉庫でも小さな部品を取り扱えば売り上げを伸ばすことが出来るでしょう。中には見えないくらい小さな部品もありますので入出庫の際には十分な注意が必要です。

3PLとは、サード・パーティー・ロジスティクスの略称で、ある分野に秀でることを目指す企業が、物流機能を第三者となる企業に委ねることを言います。

関連サイト