トイレで起こりやすい水漏れトラブルの事例について

タンク式トイレの水が流れっぱなし

タンク式のトイレは便器の背中に付いた洗浄用タンクに水を貯める方式となっており、一定水量に保つボールタップという部品が機能しています。タンク式トイレで洗浄水が止まらない場合は、タンク内のボールタップが故障している可能性が高いので、水道工事業者に部品交換を依頼するようにしましょう。その他にも、タンク内の水を排水するフロート弁の故障も原因として考えられますので、業者の方にしっかり見てもらうことも重要ですよ。

トイレの床廻りが濡れてしまう

トイレの便器が床と接続している部分から漏水していると、床が濡れてしまう場合があります。漏水トラブルの多くは、配管や水栓器具の接続部分が破損して起こることが多いので、トイレの床廻りが濡れています場合は、便器と排水管の接続部が劣化している可能性が高いと言えるでしょう。自分で直すにも限界がありますので、水道工事業者の方に依頼して早めに解決を図ることが重要です。床が濡れてしまった場合は、下地にも水が回ってしまい、腐朽の原因となってしまうので早い解決が望まれます。

ウォシュレットからの水漏れ

トイレの水漏れトラブルで多い事例としては、ウォシュレットの故障による水漏れが挙げられます。ウォシュレットのノズルには水が出てくる機構にパッキンが組み込まれており、パッキンの劣化により漏水が発生するケースが多いようです。ウォシュレットはメーカーの部品ですので、7年から10年ほどで故障することが多く、故障した時に部品交換が出来ない場合もありますので、最終的に温水便座自体を交換しなければならないケースを想定しておきましょう。

水道やトイレの水漏れ、キッチンや浴室といった水道工事を担ってくれる専門業者があります。業者によっては高圧洗浄を頼めます。