セキュリティ向けに防犯カメラ導入するためのポイント

状況がよく分かる!高解像度の防犯カメラで詳細に分析

犯罪抑止や状況確認の手段として、防犯カメラが活躍しています。カメラが常に見張ることで、セキュリティ面の強化ができます。しかし、防犯用のカメラといっても、価格や性能に大きな違いがあります。現場の記録を詳細に残すのであれば、高解像度で撮影ができる防犯カメラが有利でしょう。画像の解像度が高ければ、より詳しく現場の状況を解析可能です。カメラの低価格化により、高解像度でも価格は手頃な製品が増えつつあります。

夜間でも対応可能!暗視機能のセキュリティ防犯カメラ

カメラは映像を記録する装置であるため、十分な光量があってこそ機能します。薄暗い場所や夜間には、十分に現場の映像記録を残すことができません。暗い状況の中でも防犯カメラとして機能させるには、暗視機能が備わっていれば効果的です。赤外線撮影機能を搭載した防犯カメラであると、たとえ暗い中でも状況の記録ができます。フルタイムでの防犯効果を発揮させるには、夜の時間帯にも機能する防犯カメラが頼りになってくれますね。

屋外でのセキュリティに不可欠!防犯カメラの電源確保

防犯カメラは、電動で機能するものがほとんどです。そのため、電源の確保が課題です。屋内でのセキュリティのための防犯カメラは、比較的電源の確保が容易です。ただし、屋外に防犯カメラを設置するには、電源をどのように調達するかが課題です。近隣に電気配線があるならば、そこから配線を延長して電気を確保する手段も可能です。また屋外での電源確保では、天候の影響も受けるでしょう。防水加工は、必要最小限でも行っておくべき対策です。

防犯カメラを導入することによって、建物に侵入されてしまった場合にも証拠として記録を残すことが出来ます。