仕事を通して人として成長するために意識しておきたいこと

うかつあやまりを取り入れる

うかつあやまりと言うのは、行動哲学の一つであり、これを自分の人生に取り入れるだけで、さまざまなシチュエーションで役立たせることが可能になりますので、覚えておいて損はないものです。なお、うかつあやまりと言うのは、何か人間関係でトラブルが起きそうな時に、自分が悪くなくてもこちらから謝ると言うものです。例えば、仕事場で人にぶつかられてしまった時に、文句を言うのではなく「こんな所に立っていてすみません」と謝るわけです。

ユーモアを交えて使用する

うかつあやまりを行うと、ぶつかって申し訳ないと思っているところに、相手から謝罪の言葉がかけられるため、恐縮してしまう人もいるでしょう。それはそれで問題ないでしょうが、雰囲気が崩れてしまうこともあります。そこで取り入れたいのがユーモアセンスです。もし人からぶつかられてしまったら「いくら僕のことが好きだからと言ってぶつかってきてはダメですよ」と返すのです。相手を見て言った方が良いですが、お互いの関係がしっかりしていれば、笑いが起きることでしょう。

謙虚さを忘れないことが大切

仕事で人として成長するためには、うかつあやまりのように、謙虚さを忘れないことが大切です。何か問題が起きた時に、すぐに人のせいにするような人は、それが本当に自分のせいではないとしても、見ていて気持ちの良いものではありません。周りの人がミスをした時に、自分の指示の仕方が悪かった、と一言言えれば、とても器の大きな人だと思ってもらうことができて、周りからの信頼度が高まり、仕事をしていきやすくなるものです。

仕事をする前に、仕事を細分化してどういう手順でどれだけ時間をかけるかを考えておくとスムーズにできます。ワークフローが完璧なら仕事も完璧になります。