トイレが詰まる!?汚水処理がきちんとできるために

トイレの詰まりの発生は無意識

トイレが詰まったときには何度か水を流して便器に水をためてその重さによって流れないかを確かめたりします。それでも流れない場合には、ラバーカップといわれる詰まりを直すゴムのスッポンで試したりします。多くの場合には、それによって途中に引っかかっていたものが取れて戻ってきます。それにより何が原因で詰まっていたのかがわかります。ボールペンであったり、カードであったりとポケットに入れっぱなしのような状況な備品が知らず知らずのうちに落ちてしまうことが多いです。

流れては困るものは流さない

誰もわざと詰まらせようと思って詰まらせているわけではないのです。そのため誰も自分が犯人だと思っておらず、詰まった原因が見つかって初めて自分が犯人だったことを知ることが多いです。しかし詰まった原因そのものは小さなものであったり、時には水に溶けない紙が使用されたためにトイレが詰まることもありますが、そのようなもので詰まるぐらいトイレの汚水が流れる通路は小さなものです。しかもその流れは波を打っている部分もあります。

トイレが詰まった場合の工事

これは何でもトイレに流されても汚水処理に困るため、わざと流れずらい構造になっています。そのためにそのようなものが流されると詰まるようになっています。そのよな構造ゆえに、トイレからすぐの場所で詰まればまだいいものの、それより先の部分で詰まることもあります。近くであれば便器を取りはずすことで簡単に取り除くことができますが、その先で詰まった場合には、屋外での作業になったり、場合によっては大きな工事が必要になったりします。

水道修理とは水道蛇口の水漏れやトイレのつまりなど水道に関する機器などを取り扱ったり修理することです。