何故詰まるの!?実は水漏れがトイレ詰まりの原因になることも

トイレ詰まりで最も多い原因は

トイレは汚水や悪臭を防ぐという構造上、詰まりやすくなっています。そのため多くの人が何かしらの形でトイレ詰まりに遭遇しているはずですが、その原因として最も多いのは、汚物とトイレットペーパーなどが排水路に貯まってしまい、水の圧力で固形化してしまう場合です。こうした場合はラバーカップでその塊にかかる圧力を和らげるようにしなければなりませんが、一方で何故詰まったのか全くわからずに、対処のしようが無い場合があります。

トイレを詰まらせる意外な理由

上記のような理由で、トイレで最も詰まりやすい場所は便器から排水路の間ということになります。しかし、注水路から貯水タンク、貯水タンクから便器にかけてもトイレ詰まりを惹き起こす原因になる可能性があると言うと、意外に思う人もいるかもしれません。便器から汚物とトイレットペーパーを排水路に押し流すためには、文字通りそれらのものを「押す」ための圧力が必要になります。即ち十分な水流を生み出すだけの水が無ければ、トイレは詰まってしまうのです。

水回りのトラブルがトイレを詰まらせることもある

貯水タンクに水を入れたペットボトルを入れて節水を試みるように、意図的に水流を制限してしまう場合もありますが、一般的に水流が足りずにトイレ詰まりを起こしてしまうのは、注水管などからの水漏れといった水回りトラブルが原因で、十分な水がトイレに供給されていない場合が大半です。注水管のパッキンやトイレの床などを点検して水漏れを起こしていた場合は、その箇所を耐水パテで塞いだり、ひどい場合は業者を呼んで修理しなければならないので注意しておきましょう。

トイレ詰まりを防ぐには、トイレットペーパーをまとめて1回で流そうとせず、何回かに分けて流すことがポイントです。